BLUE SPORTS TALK 8月号「紫外線から身体を守る日焼け止めについて!」


「本当に日焼けを止められていますか!?」

o0480048013687373793

今回のBLUE SPORTS TALKは日焼け止めについて書かせていただきます。
陽射しも強くなり、日焼け止めを塗っても日焼けしてしまったり、本当に効き目があるのかなと思ってしまうことがありますよね。
その原因として次のようなことが考えられます。

•SPFやPAの低い日焼け止めを使っていた
•塗る量が少なかった
•汗で流れてしまった
•長い間外に出ていた
•日焼け止めの効果が時間とともに弱くなっていった

では、効果的な日焼け止めをするにはどうすれば良いでしょうか?
まず、日焼け止めの選び方について。
屋外でスポーツやレジャーをする場合などは「SPF20~30」「PA++~PA+++」位を。
海や山など、日差しの強い所や日陰の無い所で長時間いる場合は「SPF30~50」「PA+++~PA++++」位が適当と言われています。シーンに合わせて使い分けると良いですね。
ちなみに、「SPF」は紫外線の一種UV-Bを防ぐ効果を表し、肌が赤くなるのを防ぐ指数。「PA」は紫外線の一種UV-Aを防ぐ効果を表し、肌の黒化や弾力を失わせることを防ぐ指数です。

次に、塗り方についてです。
SPFの数値は、皮膚1㎠あたり2mgの日焼け止めを塗った効果を測定しています。顔全体に塗ろうとしたら500円玉くらいの量が必要となります。実際にはそんなに使わないでしょうけど、量を少し意識してはいかがでしょうか。

また、一般的な日焼け止めの効果は「2~3時間程度」と言われているので、長時間外出する際は日焼け止めを塗り直しましょう。汗で流れ落ちてしまう、脂で浮いてくる、服や肌にこすれる、強い日差しを浴び続けている、日焼け止め自体が劣化してくる、などの様々な要因で効果が薄れてきますので。
そして、日焼け止めを塗る前と、落とした後は、化粧水や乳液などで丁寧に保湿していきましょう。

去年の日焼け止めは使えるのか?と思う方も多いと思います。特に生ものではないので、1年前のものでも大丈夫だと言われています。ただ、基本的には冷暗所に保管していた場合です。そうでない場合は、変色や匂いがないか確認してからご使用してください。

BLUE多摩川では、日焼け止めとしてBRISA MARINAを販売しております。
この製品は、10種類以上の植物由来の保湿成分とプラセンタを配合し、香料不使用で、主にアウトドアを楽しむ人のための日焼け止めです。強い紫外線を浴びると皮膚の水分が奪われがちですが、植物由来などの保湿成分で、お肌を保護していきます。

一度試してはいかがでしょうか!

スタッフ 加藤

BLUE SPORTS TALK 7月号 「テーピングで疲労回復!」


「キネシオテープを使ってみましょう!」

S__13754370

今回のBLUE SPORTS TALKはテーピングについて書かせていただきます!
テーピングもいろいろ種類がありますが、今回ご紹介するのはキネシオテープです。
アスリートがよく貼っているイメージがあるかと思いますが、一般の方にもオススメなんです!

キネシオテープは人口筋肉テープとも呼ばれており、皮膚と同じ伸縮率で厚さと重さも表皮と同じ設計になっているそうです。
筋肉に沿って貼ることで筋肉の補助をしたり、体が持つ様々な機能を促進する効果があります。

正しくテープを貼ると、テープのシワで皮膚が持ち上げられ血管やリンパの通り道が広がり流れが良くなります。
血液やリンパの流れが良くなることで、老廃物が排出されやすくなり自然治癒力が向上します。
また、血流が良くなるので肩こりや冷え性にも効果的です。

そして筋肉のサポートにもなり、筋肉への負担が軽減され、疲労も少なくなります。

使い方としては、疲労している箇所や凝っている箇所、運動で主に使う筋肉に貼ってみましょう!
・ヨガやボルダリングをする方は、手首や肩、背中など。
・ウォーキングやランニングをする方は、足首や膝、ふくらはぎ、腿など。
・デスクワークが多い方は、首や肩、背中など。
・立ち仕事が多い方は、ふくらはぎなど。

BLUE多摩川ではNew-HALEというメーカーのテーピングを販売しております!
New-HALEのテーピングは、各部位で使いやすいようにカットされており、従来のキネシオテープのようなすっぱい匂いはありません!
また、他のキネシオテープと比べ剥がれにくく、かぶれにくいという特徴があります。

ご興味ある方は、フロント前の物販コーナーにありますので、ぜひご覧ください!

スタッフ平良

BLUE SPORTS TALK 6月号 【SUPでフィットネス】


「SUPで身体を引き締めましょう!」

S__12107783

昨年も好評でした、SUPプログラムが6月から始まります!

そこで、改めてSUPとは何か?どのようなフィットネス効果があるのか?などおさらいしましょう!

SUPとは、Stand Up Paddle(スタンドアップパドル)の頭文字をとってSUP(サップ)と呼ばれています。

サーフボードより大きめのボードに立ちパドルで漕いで海、川、湖など場所を選ばず遊べるウォータースポーツです。

近年、世界的に人気が高まっているスポーツですが、楽しいだけでなくフィットネス効果も抜群なんです!

不安定なボードの上に立ちバランスをとりながらパドルで漕ぐことで、バランス感覚や体幹を鍛えられます。

また、クルージングなど追い込むことなく身体を動かすことで、有酸素運動となり脂肪燃焼に効果的です!

遊びながら全身をバランス良く鍛えて、脂肪燃焼することができる最高のアウトドアフィットネスなんです!

初めての方でも比較的簡単に乗ることができ楽しめるので、今年の夏は是非SUPプログラムにご参加ください!

 

【フィットネス効果】

・脂肪燃焼

・体幹筋、バランス感覚の維持、向上

・肩こり解消も期待できます

・二の腕引き締め

など

 

【SUPの楽しみ方】

・クルージング

・波乗り

・レース

・SUPヨガ

・SUPフィッシング

・川下り

など

BLUE SPORTS TALK 5月号 【コーヒーとフィットネス】


「運動する前にコーヒーはいかがですか?」

S__10256405

 

日に日に暖かくなり、運動しやすい季節になってきましたね!
冬のあいだ、冬眠して脂肪を蓄えてしまった方も多いのではないでしょうか?

そんな方に試していただきたいのが、運動前後のコーヒーです!

運動前にコーヒーを飲むと脂肪が燃えやすくなる!ということを聞いたことはありませんか?

最近の研究によると、コーヒーに含まれるカフェインが血液の循環を促進し、代謝を高める作用があるそうです。
またカフェインには、リパーゼという脂肪を分解する酵素の働きを活発にする効果もあるそうです。
代謝が高まりカロリーの消費を促し、脂肪分解を促進して運動をすることで、より多くの脂肪を燃焼するということですね!

 

ただし、注意しないといけないことがいくつかあります。

①飲み過ぎない。
何でもやりすぎは良くないですよね。コーヒーも飲みすぎると、胃が荒れたり、睡眠の質が低下したり、カフェイン中毒になる可能性があるので注意しましょう!
適量は人によりますが、1日3杯程度にしましょう!

②ブラックで飲みましょう。
お砂糖を入れたり、お菓子をつまんでしまっては摂取カロリーが増えてしまううえに、カフェインの働きが妨げられてしまします。

③運動することが前提です。
ただコーヒーを飲んだだけで、脂肪が燃えるわけではありません。あくまでも脂肪の燃焼を手助けするということです。からだを動かしてカロリーを消費しましょう!

④運動する30分ほど前に飲みましょう。
コーヒーを飲んでから30分後あたりから、血液中のカフェインが増加するためです。

 

また、コーヒーを飲むことで他にも良いことがあるようです!
・筋肉の痛みに対する知覚が緩和され、より高強度のトレーニングをすることができる
・記憶力の向上
・目が覚めて、集中力が増す
・がんの発生リスクを軽減
・ポリフェノールによる抗酸化作用(老化防止効果)
など

 

コーヒーにこんな効果があったなんてビックリですね!
でもこれが全てではなく、研究がもっと進めばまた違うことが分かる可能性もありますので、ご参考程度に試してみてください!

 

最後に、今春からBLUE多摩川で販売しているホットコーヒーのブレンドが変わります!
よりスッキリとした味わいになりますので、是非運動前に飲んでみてください!

 

 

スタッフ 平良

BLUE SPORT TALK 4月号 【新生活をBLUE多摩川で楽しみましょう!】


【新生活をBLUE多摩川で楽しみましょう!】

S__8904708

もうすぐ4月ですね。新生活のシーズン到来!

4月は、進学や就職、異動や転勤と自分を取り巻く環境が大きく変わる時期。
そして、自分だけでなく家族や大切な人が新しい環境に身を置くことで自分が変化を感じたりすることも・・・
新たな環境に慣れるまで、期待や不安、緊張と気持ちの変化もめまぐるしく、落ち着くまでストレスを感じてしまうことも少なくありませんよね。

そんな心にストレスを感じた時、すぐに反応するのが呼吸の深さです。
イライラや不安、緊張でいつもより頑張りすぎている時、呼吸は無意識に浅くなります。
逆に、気持ちがリラックスしている時は、自然と呼吸が深くなります。
心に余裕がない時ほど深呼吸をしてストレスや緊張を和らげましょう。

そして適度な運動は、体と心を健康にしてくれます。
日頃から体を動かしている人は、あまり運動をしていない人に比べてストレスに対して対応力があることが知られています。
毎日は難しくても、日々の生活の中でできるだけ車を使わずに歩いたり、エレベーターではなく階段を利用したりして少しずつ体を動かし、日頃のストレスに負けない体作りを心がけましょう。

BLUE多摩川アウトドアフィットネスクラブは、深呼吸やストレッチをはじめ、ヨガで自身の心と体と向き合い安定させる、ピラティスで体の内側の感覚に意識を向け内側から調整する、ランニングで全身のバランスを整える、など体力・筋力アップできるプログラムが充実しております!

BLUE多摩川はすべてを組み合わせて健康な身体作りができる、体と心のデトックスができるクラブです。

4月は是非、BLUE多摩川で身体を動かし新生活を一緒に楽しみましょう。

今回は、初めてヨガやピラティスにチャレンジする方におすすめなプログラムを紹介いたします。

《月曜日》
・ストレッチ「9:00~10:15」:普段のばしにくいところまで全身ストレッチ。

・アロマリラックス「13:30~14:45」:季節のアロマとヨガの基本ポーズで体と心をリフレッシュ。

・陰ヨガ「20:30~21:30」:筋肉の緊張をほぐすことで副交感神経の働きを促し、深いリラックス。

《火曜日》
・モーニング&メディテーション「9:00~10:15」:流れるようにゆっくり体を動かし気持ち良い1日のスタート作り。

・デトックスフロー「12:00~13:30」:呼吸に集中することでネガティブな気持ちやストレスなども排出していきます。

・ベルヴィックフロー「13:30~14:45」:ポーズをつなげて動く、フロースタイルで骨盤調整。

・リストラティブヨガ「20:30~21:30」:回復と再生のヨガともいわれ、バランスの崩れた心と身体を心地のいい状態へと導きます。

《水曜日》
・ハタヨガ「9:00~10:15」:ヨガの基本ポーズで心と体のデトックス。

・ピラティスベーシック「20:30~21:30」:身体の深層部にあるコアマッスルを鍛え、体のバランスを良くし、姿勢の歪みを整えます。

《木曜日》
・骨盤調整ヨガ「9:00~10:15」:呼吸と骨盤調整で体の土台作り。

・ヒーリングロータス(隔週)「20:30~21:30」:メディテーションや呼吸法も組み合わせることで、ディープリラックス、回復へと導いていきます。

・ハタヨガ&メディテーション(隔週)「20:30~21:30」:ヨガのポーズと瞑想(メディテーション)をバランス良く組み合わせるクラスです。

《土曜日》
・アロマスローヨガ(隔週)「9:00~10:15」:季節のアロマと深い呼吸で流れるように体を動かしリフレッシュ。

・ジャイロキネシス(隔週)「9:00~10:15」:細くしなやかなボディのまま、コアマッスルを鍛えたい! という方に最適のエクササイズ。

・コンディショニング&ストレッチ「14:00~15:15」:身体の不調を改善予防するための、スポーツ医科学的な視点で行うストレッチクラスです。

・骨盤調整ヨガ「18:15~19:30」:呼吸と骨盤調整で体の土台作り。

《日曜日》
・朝ヨガ「9:00~10:15」:朝の気持ちの良い空気と共に基本のヨガで身体と心をデトックス。

・はじめてのヨガ(1周目の日曜日)「15:00~16:15」:やさしいウォーミングアップとリラックス感を感じる基本ヨガ。

・ボディーワークkeep fit(1周目以外の日曜日)「15:00~16:15」:ヨガをベースに、様々な手法を取入れて、心身を健康な状態に導いていきます。

・リストラティブ&リニュー「16:30~17:45」:ゆるやかな動きを加え、力を抜きやすくすることで、よりリラックスしていきます。

4月は、一緒に新しいことはじめてみましょう!

スタッフ鎌田

BLUE SPORTS TALK 3月号 【花粉症を運動で予防しましょう】


「花粉症を運動で予防しましょう」

S__7823362

河津桜が咲き始め、だんだん春が近づいてきましたね!

そして花粉の飛散も多くなてきました。

春が近づき嬉しい気持ちもありますが、花粉症の方にとってはつらい時期ですね〜。

マスクや目薬、鼻スプレーなどで予防している方が多いと思うのですが、運動も花粉症予防になるんですよ!

そこで今回は運動が花粉症にもたらす効果についてご紹介させていただきます。

まず花粉症は外的要因と内的要因があります。
「外的要因」
花粉の増加や、ハウスダストなどによるアレルギー体質化など。(マスクやメガネなどで予防)

「内的要因」
疲れやストレス、睡眠不足、運動不足など。

運動をすることで、内的要因を予防することができます。
内的要因をさらに細かくあげると、
・ストレスによる自律神経の乱れ
・運動不足による免疫力低下
・添加物の多い食事、飲酒、喫煙

これらを予防するためにまず行ってみて頂きたいのが、先月とりあげた有酸素運動です。

有酸素運動は自然な呼吸で酸素をたくさん取り込む事で、副交感神経が働きます。身体を動かすのでもちろん交感神経も働きます。
交感神経と副交感神経が働く事で、自律神経のバランスを整える効果が期待できます。

また、低中強度の運動で体温が上がりや免疫力も高まります。

さらにアウトドアで身体を動かし自然に触れる事で、よりストレス解消も期待できます。

良い事尽くしですね〜!

でもやっぱり、この時期に外に出るのはつらい!
という方は、ヨガやピラティスなどのスタジオプログラムでも効果はあります!
ヨガの呼吸法や、ピラティスで姿勢を整える事で自律神経を整える効果もありますし、体温が上がり免疫力が高まり、合わせて基礎代謝向上も期待できます!

「ポイント」
・自律神経を整える
・体温を上げて免疫力を高める
・筋肉をつけて基礎代謝を上げる
・ストレスを溜めずしっかり休養をとる

以上のポイントを踏まえて身体を動かし、花粉に負けず春を楽しみましょう!

スタッフ 平良

BLUE SPORTS TALK2月号 「有酸素運動始めましょう!」


「有酸素運動で効率よく脂肪を燃焼!」

写真

今回のBLUE SPORTS TALKは有酸素運動についてご紹介いたします。

年末年始の忘年会や新年会、親戚との集まりなどでたくさん食べて、たくさん飲んで、余分にエネルギーを蓄えている方が多いのではないでしょうか?

そんな方にオススメなのが「有酸素運動」です!

有酸素運動とは、その名の通り酸素をエネルギー源とし、ウォーキングやジョギングなどの負荷が軽く持続して行える運動です。

有酸素運動を行うことで、脂肪を効率よく燃焼できダイエット効果が期待できます。他にも基礎代謝の向上、心肺機能の改善、頭がシャキッとする、ストレス発散など様々な効果が期待できます!

ポイントとして20分以上継続して行うと、そこから脂肪の燃焼率が上がるといわれています。

とはいえ、20分以上でないと脂肪が燃焼しないわけではないので、無理して行わず自分の身体と相談して、日々継続して行ってください。

OUTDOORFITNESSということで、多摩川沿いや山、渓谷など自然に触れながら行うととても楽しく継続できますよ!

BLUE多摩川では有酸素運動のプログラムを毎日行っていますので、下記を参考にぜひご参加ください!

【BLUEでできる有酸素運動のレギュラープログラム(強度が低い順)】

・ノルディックウォーキング ・ノルディックインターバル

・ナイトノルディック×SUUNTO ・FARM WALK

・ウォーク&ラン ・ノルディック&スロージョギング

・ ランニング(スロー30) ・ラン&コンディショニング

・ランニング(ベーシック45) ・HRランニング(ベーシック45) ・ランニング(レベルアップクラス)

 

 

スタッフ 平良

BLUE SPORTS TALK1月号「全身をバランス良く!クロストレーニングについて」


「2017年はクロストレーニングをやってみましょう!」

s__5382151

2016年もあっという間でしたね!

今年1年を振り返ってみて、皆様はどんなプログラムを楽しまれましたでしょうか?

ヨガを中心にされている方、ウォークやランを中心にされている方、皆様それぞれだと思います。

また時間の都合もあると思いますが、ヨガだけやランだけなど、1つのプログラムだけに偏ってしまっている方もいるのではないでしょうか?

そこで今回ご紹介させていただきますのは、「クロストレーニング」です。

 

クロストレーニングとは、自分の専門種目以外の運動を取り入れるトレーニング方法です。

最近では日本でも取り入れている方が増えており、スキージャンプの葛西紀明選手がトレーニングの一つにスラックラインを取り入れたといのも話題になっていましたね。

一つの運動を繰り返し行っていると、その運動で使われる筋肉だけが発達し身体のバランスが偏ってしまったり、同じ筋肉を使いすぎてスポーツ障害をおこすリスクが高くなってしまいます。

またその動きに特化した身体になってしまい、他のスポーツをするとぎこちなくなってしまったり、とっさの出来事に対応しきれなくなってしまったりしてしまいます。

 

クロストレーニングを行うことで、普段使わない筋肉や神経を刺激しバランス良く鍛えることができ、パフォーマンスの向上や怪我の予防にもつながります。

また、いろいろなスポーツを楽しむことで気分転換になり、精神的にもリフレッシュ効果が期待できます。

 

アスリートほどは運動しない一般の方でも、健康的な生活をおくるためには大切なことです。

ヨガだけされている方は、ウォーク、ランやマウンテンバイクなど有酸素運動を取り入れてみたり、ランニングだけされている方は、ピラティスやスラックラインなど体幹やバランス感覚を鍛えるのもオススメです!

 

BLUE多摩川はプログラムが豊富でクロストレーニングをするには最適な環境です!

ヨガ、ピラティス、ノルディックウォーキング、ランニング、マウンテンバイク、ボルダリング、スラックライン、フラ、トレッキング、トレイルランニング、SUPなど。

 

2017年はまだ参加したことない、参加する頻度が少ないプログラムにもチャレンジし、是非クロストレーニングをしてみてくださいね!

 

スタッフ 平良

BLUE SPORTS TALK 11月号「スポーツウェアを着こなすための3つのポイント」


「スポーツウェアを着こなすための3つのポイント」

106983603-1

今まで”クラブマネージャー大西のひとことコラム“として連載していたコラムを、今月から“BLUE SPORTS TALK”としてリニューアルいたしました。

タイトルの通り「スポーツに関わるいろいろなお話や、ちょっとためになるお話」を中心にスタッフで書かせていただきます。

リニューアル後の初回は引き続き大西が書かせていただきます。

 

今回はスポーツウェアの着こなしのお話。。。

スポーツが日常になってくると楽しみの一つになるのがスポーツウェアのコディネイト。

自分のお気に入りのウェアやこだわりのスタイルでスポーツをすると気分も上がりますよね。

私自身もスポーツを楽しく続けていくためにもウェアのコーディネイトを楽しむことはすごく大切だと思っています。

今のスポーツウェアは機能性だけでなく、デザイン性にも優れ、街中で着れるものもたくさんあって選ぶのも楽しいですよね!。

 

今回は、そんなスポーツウェアをスマートにカッコよく着こなすためのポイントを3つお伝えしたいと思います。

 

【1】シルエットや丈には気を配ろう!

シルエットや丈の違いで、見た目の印象も大きく変わります。

スポーツウェアは原則、すっきりとしたシルエットがオススメです。あわせてパンツや袖の丈もだぶついているのは避けたいところです。

体型などを気にして、ボディラインがわかりにくいゆったりめのものを選んでしまうと、ウェアがばたついてしまい、スポーツ時の快適性やウェア本来の機能が活かされなくなってしまいます。

また、一説によるとタイトなウェアを着ていると、自身のボディラインへの意識が高まり、それが結果的にカラダを引き締メルことにつながり、逆にゆるい服を着慣れていると、そのゆるさにココロもカラダもそちら自然と引っ張られてしまうと聞いたことがあります。

この話は感覚的にうなずけるところがあります。

決してピチピチウェアがいいということではなく、すっきりとしたシルエットを目指したサイズ選び、ウェア選びがスポーツをするうえでも、見た目の良さを引き立てるのにも大切ということです。

 

【2】シューズなどの小物は遊んでみよう!

トップスやパンツはある程度、色味などを合わせながらも、シューズやウォッチ、サングラスのフレームなど、ちょっとしたポイントの色選びはあえて遊んでみるのもオススメです。

全身統一感のあるコーディネイトももちろん素敵ですが、あえて小物は遊んでみると逆に全体が引き締まって見えたり、いつものコーディネイトも印象がグッと変わったりします。

小物系は”あえて”蛍光色や柄物などにチャレンジするのもオススメです。

 

【3】自分のカラダと姿勢に磨きをかけよう!

最後はやはり、着こなしに大切なのは自身のカラダでしょう。

別にモデルさんのようなスタイルでなければいけないという話ではありません。

日々スポーツを楽しみ、続けていくとそれぞれにあった健康的なカラダになり、健康的な表情やオーラが内側から出てきます。

その基盤があってこその着こなしです。

どんなに素敵なウェアを身にまとっても、やはり内側から出てくるものや、自身の健康的なカラダがあってこそです。

 

ということで、ぜひ今回の3つのポイントを参考にウェアも楽しみながらスポーツのあるライフスタイルを送ってくださいね!

日々のコーディネイトも含め、スポーツを楽しみながら続けていけば、きっと健康的なカラダを手に入れることができ、今よりさらに素敵な着こなしができると思いますよ!

 

記事担当:大西勇輝

2016年10月までの”クラブマネージャー大西のひとことコラム”アーカイブはこちら